正しいフォーム

筋肉スポーツジムに通い始めた頃は、いろいろなマシンがあり、どれを使って筋トレするか迷うことでしょう。筋トレするときに重要となるのは、どのようなトレーニングの運動をするにしても、正しいフォームで行うことです。フォームは体の動かし方のことであり、正しいフォームでないと筋肉に十分に負荷がかからず、筋トレの効果が薄れます。また、マシンを使うなら、間違った使い方をすると、筋肉を痛める、場合によっては事故を起こします。

ダンベルなどのウエイトを使うならば、足や腕の正しい動かす軌道を覚えます。トレーニングマシンに関しては、動かし方が決まっているので、その動かし方を覚えます。ただどのような筋トレをするにしても、多くの場合は腕や脚は曲げずに伸ばして動かすようにします。もちろん背筋も伸ばして、座って行う運動は姿勢を良くします。

正しいフォームで筋トレするときには、最初は回数をそれほど多くせず、頑張りすぎると全身筋肉痛となり、次の日体中が痛くなります。最初は回数を少なくして、筋肉をつけていき、徐々に慣れてきたら回数を増やします。同じ回数を行っても疲れないと感じるようになれば、更に回数を増やすか、負荷を高めるか、違うマシンのトレーニングも追加していきます。

*参照記事*
大きな筋肉から鍛える
ウォーミングアップ
スポーツジムで筋トレ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket